神戸

2010年12月12日

請負→派遣→請負となった場合のケーススタディ〜地位確認訴訟より



みなさん。こんにちは。

先日、請負→派遣→請負となった場合に関する裁判の判決が、神戸地裁姫路支部で示されました。

 

 

 判決によると、原告は2000年5月、大手企業から業務を請け負う会社に就職して以来、同製作所内で勤務していました。その間は請負会社の社員です。 

06年4月、派遣に切り替わったが、09年4月に再び請負となった。


ここで、原告の主張は06年以前は偽装請負の状態であり、発注者企業と黙示の労働契約が成立していたとしています。

判決では、原告の請求を棄却しました。


現行の労働者派遣法を遵守すれば抵触日の問題は避けることはできません。

そのために、派遣で一定期間業務をおこないその間に請負化を目指すことは可能です。

ただ、今回のように当初は請負その後派遣そしてまた請負というのは、理屈としては分かるのですが、現場で働く労働者にとっては理解しずらいことかもしれません。

このように、ユーザー企業との契約形態を変更する場合はには、現場で働く労働者にも十分説明してその違い等を理解してもらうことが必要だと思います。


ただ、一方で企業における外注の在り方も見直す必要があると感じます。

人的資源をすべて、自社で直接雇用するというのは、変化の激しい今の時代難しいのも事実です。

そろそろ、企業にとってのアウトソーシング(外注)の在り方についても本格的に検討がされてもいい時期ではないかと思います。


それでは・・・また☆♪

ワンクリックで順位上がります。(^v^)
ポチョットクリックしていただけばうれしいです
人気ブログランキング
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

特定社会保険労務士&キャリアカウンセラー山本真一の「日々是好日」日記
http://powerhouse-srcc.livedoor.biz/


お問い合わせ・お仕事の依頼について
   ↓
山本真一社会保険労務士事務所 HP

http://www.yamamoto-sr-office.com/

 


















h1402 at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)