労働者派遣

2019年05月26日

令和初の労働局による派遣事業の定期調査立ち会いました。


皆さんこ4派遣調査んにちは

先週は令和初の労働局による派遣事業の定期調査に立ち会いました。

平成31年令和元年㋃以降の労働者派遣法の変更点や今後の改正について理解を深めることができました。


令和元年4月以降の労働者派遣法については、就業条件明示書の期間制限の項目について変更ありました。

平成31年令和元年㋃以降の改正について順次お知らせしていきます。


特定社会保険労務士・人材ビジネスマスター

山本真一






h1402 at 07:35|PermalinkComments(0)

2019年05月13日

平成30年10月1日以降の派遣業界の動向

皆さん

こんにちは、一年数カ月ぶりの更新となりました。


昨年度は、平成27年改正派遣法による新基準以降の手続きなどいそがしかったです。


今年度もこれまで派遣に関するお仕事いただいてます。

更新していく中でお役立ち情報発信していきます。


===================================== 

人材ビジネスマスター・特定社会保険労務士

山本真一社会保険労務士事務所 HP

http://www.yamamoto-sr-office.com/


ワンクリックで順位上がります。(^v^)

ポチョットクリックしていただけばうれしいです

人気ブログランキング
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

特定社会保険労務士&研修ファシリテーターー山本真一の「日々是好日」日記
http://powerhouse-srcc.livedoor.biz/







h1402 at 10:37|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

労働者派遣事業の許可基準の改正 平成30年1月1日

おはようございます。

人材ビジネスマスター山本です。

平成30年1月1日より労働者派遣事業の許可基準の改正がおこなわれました。

具体的には、

1.趣旨 ○ 労働者派遣事業を行おうとする者については、派遣労働者に対する賃金支払いの担保等 といった観点から許可基準として一定の資産要件を定めているところである。これについ て、地方公共団体による債務保証契約又は損失補填契約が存在することで、派遣労働者に 対する賃金支払いが担保されている場合には、資産要件を満たしている場合と同等の評価 ができるため、資産要件に関し一部見直しを図るもの。


2.概要 ○ 「資産要件」について、下線部分を新たに追加する。
資産要件 許可申請事業主に関する財産的基礎。

・資産(繰延資産及び営業権を除く。)の総額から負債の総額を控除した額(以下「基準 資産額」という。)が 2,000 万円に当該事業主が労働者派遣事業を行う(ことを予定す る)事業所の数を乗じた額以上であること。

・基準資産額が、負債の総額の7分の1以上であること。
・事業資金として自己名義の現金・預金の額が 1,500 万円に当該事業主が労働者派遣事 業を行う(ことを予定する)事業所の数を乗じた額以上であること。


ただし、地方公共団体による債務保証契約又は損失補填契約が存在することによって派 遣労働者に対する賃金支払いが担保されている場合は、資産要件を満たしていなくても差 し支えないこととする。 


これは、地方自治体による債務保証契約・損失補填契約が存在することが前提となりますので、民間企業と民間企業の間の派遣には適用されません。


その結果、今回の改正の影響はすくないと考えますが、労働者派遣許可基準の要件に熟知しておくべき必要がある方は正しく理解していてください。



それでは、今日はここまで!




===================================== 

人材ビジネスマスター・特定社会保険労務士

山本真一社会保険労務士事務所 HP

http://www.yamamoto-sr-office.com/


ワンクリックで順位上がります。(^v^)

ポチョットクリックしていただけばうれしいです

人気ブログランキング
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

特定社会保険労務士&研修ファシリテーターー山本真一の「日々是好日」日記
http://powerhouse-srcc.livedoor.biz/





















h1402 at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年05月04日

平成27年改正労働者派遣事業許可申請(新基準)について

久々の更新となります。

山本真一社会保険労務士事務所では、平成27年改正 労働者派遣事業許可申請手続きを行っています。

平成30年9月末までの申請ですので、今年度に多くの派遣会社様の申請が 予想されます。

現在、山本真一社会保険労務士事務所、派遣会社様のニーズ合わせたサービスを準備しています。


DSC_0170 

h1402 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月26日

平成27年度労働者派遣法改正の行方〜労働者派遣法審議の状況

みなさん。

こんにちは、久々の投稿となりました。

みなさんも既にご存知の方も多いと思います。

現在、国会で平成27年度改正労働者派遣法の審議が進んでいます。

今回が3度目の挑戦となります。

国会では、安保関連法案の方が注目されていますが、この労働者派遣法改正案も重要なものです。

今回の、この法案の成否については、やはり平成27年10月に施工される「労働契約申込みみなし制度」の開始との関係があります。

現在、厚生労働省ではこの「労働契約申込みなし制度」についての運用についても着々と準備しています。

抵触日などの関係を考えると、今回の法案が成立してスッキリした形で派遣事業を適切に運営してほしいと思います。

労働契約申込みみなし制度についての法解釈も公開されているようなので、近々報告致します。


野党がこの法案に強硬に反対しているので、最後は強行採決になるのかなとも思います。

いずれにしても、ここ1〜2月のあいだで、はっきりするでしょう。

それでは・・・また(^O^)




===================================== 

人材ビジネスマスター・特定社会保険労務士

山本真一社会保険労務士事務所 HP

http://www.yamamoto-sr-office.com/


ワンクリックで順位上がります。(^v^)

ポチョットクリックしていただけばうれしいです

人気ブログランキング
にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村


















h1402 at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)