令和2年 大分労働局による派遣事業の定期調査立会ました。

2021年11月03日

労働者派遣と請負との区分に関する基準の疑義応答集 第3集〜アジャイル型開発

久々の更新となりました。

労働者派遣と請負との区分に関する基準の疑義応答集 第3集 が厚生労働省よりしめされました。

この労働者派遣と請負との区分に関する基準の発出は平成25年8月に第2集が出されて以来、8年ぶりとなります。

厚生労働省はアジャイル型開発について、発注者と受注者が対等な関係の下で協議し、受注者側の開発関係者が自律的に判断して業務を遂行いれば、労働者派遣に当たらないとする考えを明らかにしました。


アジャイル型開発については、今後詳しく解説していきます。

まずは、

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(37号告示)関係疑義応答集|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

確認しださい。

それでは、また





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
令和2年 大分労働局による派遣事業の定期調査立会ました。